高崎の矯正歯科

0273956600 受付時間 アクセス

矯正歯科治療とは

単に見た目を美しくするだけでなく、自分の歯でしっかり咬める健康な咬み合わせを長く保つ。

矯正歯科治療とは、凸凹の歯や咬み合っていない歯を少しずつ動かして正しく綺麗な咬み合わせを作り出す治療です。
矯正治療は歯磨きがしやすくなるので虫歯や歯周病になりにくくなり、70代、80代になっても自分の歯でいられる様にする治療です。

矯正治療は大きく分けて
「成人矯正(本格的矯正治療)」と「小児矯正(早期治療)」

image

「矯正は子供がやるもの」とイメージしている方も多いのではないでしょうか?もちろん、子供を対象とした「小児矯正」もありますが大人に対する「成人矯正」もございます。
歯を支える骨が健康であれば比較的高齢でも可能で、最近はこの「成人矯正」も増えてきております。歯並びが悪いことでなかなか、思い切り笑うことが出来なかった方でも、矯正治療によって元気に、素敵な笑顔で笑えることが出来るようになったり、歯並びが良くなることでむし歯や歯周病を予防することが出来ます。

不正咬合によって起こりうる障害

  • 虫歯になりやすい
  • 歯周病になりやすい
  • うまく発音できない
  • 咬む能率が下がる
  • けがをしやすい
  • 良い成長発育ができない
  • 詰め物、被せもの、入れ歯がきれいに入らない
  • あごが痛くなったり、口が開かなくなる
  • 顔の筋肉のバランスが崩れる
  • コンプレックスになる
  • 肩こり、腰痛を引き起こす

矯正治療の種類や主な装置の特徴

矯正治療を行う場合は、現在の口腔内状況やご要望により様々な手法で矯正治療を行います。当院で行っている矯正治療の種類と主な装置の特徴をご紹介致します。

表側からの矯正

1本1本の歯の表面にブラケットという装置を取り付け、歯を少しずつ動かしていく治療です。

セラミックブラケット(クリアティアドバンス)
image

白いセラミック製のブラケット。歯の色に近い乳白色のため目立ちにくいことが特徴です。

プラスチックブラケット

一般的な透明なブラケットです。主に早期治療で使用します。

ホワイトワイヤー

金属色のワイヤーではなく、ホワイトワイヤーを使うことで目立ちにくくなります。セラミックブラケットと組み合わせて使うと、より目立ちません。

裏側からの矯正

歯の裏側に装置をつけることで外からは殆ど見えない事が特徴です。

インコグニート
image

ドイツで開発、製造される完全オーダメイドの舌側矯正装置。CAD/CAM先端技術により、患者さんの歯の1本1本に合わせカスタムメイドされます。

クリッピー
image

従来の装置に比べ、小さく、薄くなり、快適性も優れている舌側矯正装置。

クリッピーの症例を【歯並び日記】でご紹介しています。

マウスピースによる矯正

ブラケットやワイヤーを使用せず、透明なマウスピース型の装置で歯を動かしていきます。自分自身で取り外しが容易にできることが特徴です。

Pure array(ピュア・アレイ)
image

ピュアアレイは以下の様な特徴を持った装置です。

  • 前歯の軽度な叢生、空隙を治療することができます。
  • ペットボトルのような素材で、しなりがよく壊れにくい。
  • 透明感に優れており装着していても審美性を損ねません。

症例紹介

一部では有りますが、矯正治療の症例をご紹介致します。

症例1

治療前
image

前歯がガタガタして、下の前歯1本が逆に咬んでしまっているため歯ぐきのラインが下がってしまっています。また正常でない位置で歯が咬むので歯の形が悪くなります。

治療後
image

綺麗に並びしっかり咬めるようになりました。上下の真ん中のラインも合っています。

症例2

治療前
image

すきっ歯の状態です。また咬み合わせが深いので(咬み合わせた時に下の歯が見えません。)
顎関節症にかかりやすいと言われる咬み合わせです。

治療後
image

隙間を閉じ、正常な深さの咬み合わせになりました。
これなら自信をもって笑えますね。

こんなお悩みありませんか?

各画像をクリックすると詳しいご説明のページに移動します。

  • 目立たないように矯正したい
  • 歯が凸凹・八重歯が気になる
  • 受け口・出っ歯を治したい
  • 子どもの矯正はどう違うの?
  • いつから矯正治療を始めたらいいの?

ページトップへ戻る