高崎の矯正歯科

0273956600 受付時間 アクセス

受け口・出っ歯を治したい

受け口とは

反対咬合、下顎前突と呼ばれます。前歯の咬み合わせが逆になってしまっている状態です。

反対咬合とは

下の歯が上の歯より前で咬んでしまっている状態です。1本の場合もありますし、全体が逆になっていることもあります。
原因としては上下の歯の大きさの違いや生え変わりの時に向きが悪く正常に生えてこれなかったり、頬杖をつく癖があったり、舌の悪い動きなどが考えられます。

治療前
image
治療後
image
放置すると……

咬む時に、小さな下の歯が、大きな上の歯に後ろからたたかれてしまうと下の歯の歯肉が退縮してしまい知覚過敏がおこりやすくなったり、歯の寿命も短くなります。
成長期ですと下あごの成長を促してしまうので、更にひどくなることがあります。

適した矯正治療法

全ての歯にブラケットを装着して動かします。場合によっては抜歯が必要になることもあります。
アンカースクリュー(矯正用インプラント)を使用することもあります。

治療を開始する最適な時期

早期発見、早期治療。
歯肉退縮が起こる前に。

下顎前突とは

下あごが上あごより前に出てしまっている状態です。基本的に奥歯からずれています。
原因としては上あごの劣成長や下あごの過成長が考えられます。遺伝も大きく関わります。

治療前
image
治療後
image
放置すると……

下の前歯の歯肉が退縮し知覚過敏を起こします。あご自体にずれがあるので、将来歯が抜けて入れ歯になった時に入れ歯が安定しにくく、食事を美味しく頂くことが難しくなります。

適した矯正治療法

上下のあごのずれが大きい場合は手術が必要になります。骨を切って上下の咬み合わせを作ります。
全ての歯にブラケットを装着して動かします。場合によっては抜歯が必要になることもあります。
アンカースクリュー(矯正用インプラント)を使用することもあります。

治療を開始する最適な時期

手術が必要な場合は成長が終わってから始めます。
成長が終わっていれば出来る限り早期治療をおすすめ致します。

出っ歯とは

上顎前突と呼ばれ上の前歯が通常よりも前に出てしまっているため、咬み合わせた時に上の前歯と下の前歯が咬み合わず、口が閉じられない状態です。
原因としては上あごの過成長や下あごの劣成長が考えられます。遺伝も大きく関わります。
また鼻疾患、口呼吸、舌の悪い癖、小児期の長期の指しゃぶり等が考えられます。

治療前
image
治療後
image

放置すると……

上の歯が前に出ているため意識しないと口を閉じることが出来ません。テレビを見ている時や、寝ている時に口が開いてしまい、口の中が乾燥します。乾燥することによって虫歯、歯肉炎、歯周病にかかりやすくなり、喉を傷めたり、風邪をひきやすくなります。
また転んだ時に出ている前歯を強打し易いので抜けてしまったり、神経が死んでしまうこともあります。成長期ですと下唇が上の前歯の下に入りやすいため、さらにひどくなります。

適した矯正治療法

上下のあごのずれが大きい場合は手術が必要になります。骨を切って上下の咬み合わせを作ります。
全ての歯にブラケットを装着して動かし、場合によっては抜歯が必要になることも。
アンカースクリュー(矯正用インプラント)を使用することもあります。

治療を開始する最適な時期

手術が必要な場合は成長が終わってから始めます。
成長が終わっていれば出来る限り早期治療をおすすめ致します。

詳しくはご相談下さい

上記はあくまでも受け口や出っ歯の一例です。実際は患者さん一人一人の状況により違ってきます。
詳しくは、初診相談にて説明させて頂きます。

ページトップへ戻る