高崎の矯正歯科

0273956600 受付時間 アクセス

いつから矯正治療を始めたらいいの?

最適な時期は成長期の6歳前後から10歳前後

image

子供に矯正治療を始めたいけど、いつ頃から始めるのが最適なのかわからない……。そんなお悩みはございませんか?
最適な時期は咬み合わせによって様々です。特に受け口の治療は3歳頃から始めることもありますが、大体6歳前後から10歳前後が理想です。
骨に対するコントロールは、成長中でないとできない治療になるため期間限定の治療になります。

小児矯正(早期治療)から成人矯正(本格的矯正治療)の流れ

第1期治療・・・小児矯正(早期治療)

第1期治療の小児矯正は乳歯の時期や、まだ永久歯が生えそろっていない時期の混合歯列期の矯正です。
第1期では永久歯の生えてくるスペースを作ってあげたり、顎を正常に成長させてあげるための咬み合わせ改善を行っていきます。ここで順調な顎の成長や歯の生え変わりが出来、理想的な状態となれば第2期治療が必要なくなることもあります。

第2期治療・・・成人矯正(本格的矯正治療)

小児矯正では一部に装置を付けますが、第2期治療は全ての歯に装置を付けて咬み合わせを作ります。全てが永久歯でないと行えない治療です。
治療中の見た目が気になる場合は、目立ちにくい装置を使ったりすることも可能です。
※初診時に永久歯に生え変わっている場合は2期からの治療になります。

矯正治療が必要ない咬み合わせになる条件

  • 上のあごと下のあごの大きさのバランスが取れていること
  • あごの大きさと歯の大きさのバランスが取れていること
  • 舌の動きが正常であること
  • 歯並びに影響する悪い癖がないこと
  • 乳歯に虫歯が無いこと
  • 乳歯の生え変わる順番が正常であること
  • 乳歯の生えてくる位置、向きが正常であること
  • 悪い咬み癖が無いこと
  • 歯磨きが上手であること

などなど

ページトップへ戻る