症例紹介|高崎の矯正歯科

  • 予約優先
    • 0273956600
    • アクセス

    10:00~12:30 / 15:00~18:30 ※水曜、日祝休診

症例紹介

只今、治療中の症例をご紹介。

こちらでは、現在治療中の方の、お口の中の状況を可能な限り、ご紹介させて頂きます。
もちろん、ご本人の了承を頂きました症例のみになります。

⑤ 6歳6ヶ月 女児

受け口(下顎前突) 

2015年6月 前歯が逆に咬んでいるので、矯正スタートしました。 また、下の前歯は咬む相手がいないので、奥歯に比べて 萌出しすぎて、下あごの平面は彎曲しています。 上の前歯は下の前歯に抑えられて内側に倒れこんでいます。 6歳臼歯がまだ生えていないので、取り外しの出来るムーシールド という装置で咬み合わせをコントロールしていきます。 ムーシールドとは、上あごや下あごにかかる異常な筋肉圧(...
続きはこちら

㉙ 17歳5ヶ月 女子

口が開きやすい(上下顎前突) 

2017年10月 前歯で物が咬めない事や、口が閉じにくいことが気になり 矯正スタートしました。 2017年11月 口元をさげていくため、歯を抜いてブラケットを装着しました。 まずは、凸凹を綺麗に並べます。 2018年1月 凸凹が無くなり、綺麗に並びました。 もう少し細かい凸凹が取れたら、前歯をさげるステップに入ります。 2018年6月 全ての凸凹が取れたので、硬いワ...
続きはこちら

㉑ 12歳8ヶ月 男子

口が開きやすい(上下顎前突) 

2016年11月 八重歯やガタガタが気になって矯正スタートしました。 スポーツを頑張っているので、運動時に食いしばることが多くなりますが ガタガタが多いと、しっかり噛みしめることができません。 本来の力を発揮しにくくなるため、しっかりした咬み合わせが重要です。 また、E-lineから口元が出ているため歯を抜いて口元をさげていきます。 2017年4月 ブラケットを装着しました。 咬み合わ...
続きはこちら

㉛ 7歳9か月 男児

受け口(下顎前突) 

  2017年10月 逆に咬んでいるので矯正スタートしました。 今まで他院で、拡大床にて治療していましたが 遠くて通うのが大変とのことで、こちらに転院しました。 ただ、今の状態で、拡大床を使っても前歯の改善は出来ません。 そして、無理に広げているので奥歯は咬んでいません。 2017年11月 前回から、拡大床の使用を中止したところ、早くも奥歯は咬んできました。 ブラケットを装着...
続きはこちら

㊳ 6歳2ヶ月 男児

前歯が咬まない(開咬) 

2018年5月 咬み合わせた時に、前歯が咬まないので矯正スタートしました。 このまま大人になってしまうと、治療が難しくなってしまうので 早期治療がお勧めです。 原因は主に舌の癖です。癖は無意識なので、本人の治すぞ! というやる気も重要です。 2018年7月 唾を飲む時や、食べ物を飲み込む時に、舌を前に出してしまう癖があるので 舌が前に出ない様にフェンスという装置を装着しました。 ...
続きはこちら

ページトップへ戻る