症例紹介|高崎の矯正歯科

  • 予約優先
    • 0273956600
    • アクセス

    10:00~12:30 / 15:00~18:30 ※水曜、日祝休診

症例紹介

只今、治療中の症例をご紹介。

こちらでは、現在治療中の方の、お口の中の状況を可能な限り、ご紹介させて頂きます。
もちろん、ご本人の了承を頂きました症例のみになります。

㊶ 15歳7ヶ月 男子

受け口(下顎前突) 

2019年8月(15歳7ヶ月) 他院にて下あごの成長を抑制するチンキャップという装置で 約2年、治療をしておりましたが、装置を使うと顎が痛くなり 苦痛を伴うため、あまり使えないとのことでスマイルデザインで 治療を開始しました。 今の状態は、チンキャップで下あごの前歯を抑え込み それによって更に上の前歯を中に押し込めているので 咬み合わせの改善は出来ません。 2019年8月(15歳7ヶ月...
続きはこちら

㊱ 9歳2ヶ月 男児

下の前歯が見えない(過蓋) 

2018年7月(9歳2ヶ月) 咬み合わせが深いので矯正スタートしました。 咬む力が強いので咬み合わせが深くなり 咬んだ時に下の歯が見えません。 将来的に、顎関節症になりやすい咬み合わせと言われています。 2018年8月(9歳3ヶ月) ブラケットを装着しました。 まずは前歯を綺麗に並べます。 2019年1月(9歳8ヶ月) 前歯の隙間を閉じながら ヘッドギアを使って上顎のコントロ...
続きはこちら

㉙ 17歳5ヶ月 女子

口が開きやすい(上下顎前突) 

2017年9月(17歳5ヶ月) 前歯で物が咬めない事や、口が閉じにくいことが気になり 矯正スタートしました。 2017年11月(17歳8ヶ月) 口元をさげていくため、歯を抜いてブラケットを装着しました。 まずは、凸凹を綺麗に並べます。 2018年1月(17歳10ヶ月) 凸凹が無くなり、綺麗に並びました。 もう少し細かい凸凹が取れたら、前歯をさげるステップに入ります。 ...
続きはこちら

㊴ 5歳3ヶ月 男児

受け口(下顎前突) 

2019年2月(5歳3ヶ月) 逆に咬んでいるので矯正スタートしました。 上の歯は、下の歯に比べ全て、外側にないといけません。 逆の咬み合わせは、早めの治療が必要です。 2019年6月(5歳7ヶ月) 永久歯がまだ生えていないので、ムーシールドを使っています。 ムーシールドを使い始めて3ヶ月です。少しづつ改善しています。   ムーシールドとは、上あごや下あごにかかる異常な筋肉圧(...
続きはこちら

㊳ 6歳2ヶ月 男児

前歯が咬まない(開咬) 

2018年5月(6歳2ヶ月) 咬み合わせた時に、前歯が咬まないので矯正スタートしました。 このまま大人になってしまうと、治療が難しくなってしまうので 早期治療がお勧めです。 原因は主に舌の癖です。癖は無意識なので、本人の治すぞ! というやる気も重要です。 2018年7月(6歳4ヶ月) 唾を飲む時や、食べ物を飲み込む時に、舌を前に出してしまう癖があるので 舌が前に出ない様にフェンスという...
続きはこちら

ページトップへ戻る