症例紹介|高崎の矯正歯科

  • 予約優先
    • 0273956600
    • アクセス

    10:00~12:30 / 15:00~18:30 ※水曜、日祝休診

症例紹介

只今、治療中の症例をご紹介。

こちらでは、現在治療中の方の、お口の中の状況を可能な限り、ご紹介させて頂きます。
もちろん、ご本人の了承を頂きました症例のみになります。

㊲ 8歳6ヶ月 男児

下の前歯が見えない(過蓋) 

2018年8月(8歳7ヶ月) 前歯の隙間と咬み合わせが気になって矯正スタートしました。 過蓋咬合なので、将来的に顎関節症になりやすいと言われています。 2018年9月(8歳8ヶ月) ブラケットを装着しました。 上の前歯だけ並べていきます。 2018年11月(8歳10ヶ月) 歯の向きが揃ったので、前歯の隙間を閉じていきます。 2019年2月(9歳1ヶ月) 大分隙間が閉...
続きはこちら

㉞ 29歳1ヶ月 女性

口が開きやすい(上下顎前突) 

2018年7月(29歳1ヶ月) 口元が出ていることが気になって、矯正スタートしました。 歯並び・咬み合わせも問題はありませんが、E-Lineから口元が出ています。 横顔から見た時に、E-Lineから口元が出てしまうと 口が開きやすくなり、寝ている時など、お口の中が乾燥してしまうので 虫歯や歯周病・風邪などに罹りやすくなります。 2018年9月(29歳3ヶ月) 口元をさげたいので、歯を抜...
続きはこちら

⑪ 17歳8ヶ月 男子

歯の凹凸(叢生) 

2015年11月(17歳8ヶ月) 良く咬めないということと、前歯の隙間とガタガタが気になり 矯正スタートしました。矢印の歯は、前に出すと歯肉退縮を 起こす可能性があるため、抜いて歯並びを作っていきます。 2016年2月(18歳0ヶ月) まずは、細かい凸凹を綺麗に並べていきます。 2016年7月(18歳5ヶ月) 先月より咬み合わせを作るステップに入りました。 取り外しの出来るゴ...
続きはこちら

⑤ 6歳6ヶ月 女児

受け口(下顎前突) 

2015年6月(6歳6ヶ月) 前歯が逆に咬んでいるので、矯正スタートしました。 また、下の前歯は咬む相手がいないので、奥歯に比べて 萌出しすぎて、下あごの平面は彎曲しています。 上の前歯は下の前歯に抑えられて内側に倒れこんでいます。 6歳臼歯がまだ生えていないので、取り外しの出来るムーシールド という装置で咬み合わせをコントロールしていきます。 ムーシールドとは、上あごや下あごにかかる...
続きはこちら

⑰ 4歳9ヶ月 女児

受け口(下顎前突) 

2016年7月(4歳10ヶ月) 前歯が逆に咬んでいるので、矯正スタートしました。 取り外しの出来るムーシールドという装置で 咬み合わせをコントロールしていきます。 ムーシールドは3歳から治療が可能ですが、本人にやる気があるかどうか というところが重要になってきます。   ムーシールドとは、上あごや下あごにかかる異常な筋肉圧(頬、舌、唇)を 排除し、咬めない状態を作り、上あごが成長しやす...
続きはこちら

ページトップへ戻る