㊱ 9歳2ヶ月 男児|高崎の矯正歯科

  • 予約優先
    • 0273956600
    • アクセス

    10:00~12:30 / 15:00~18:30 ※水曜、日祝休診

下の前歯が見えない(過蓋)

㊱ 9歳2ヶ月 男児

シェア 下の前歯が見えない(過蓋)

2018年7月(9歳2ヶ月)

咬み合わせが深いので矯正スタートしました。

咬む力が強いので咬み合わせが深くなり

咬んだ時に下の歯が見えません。

将来的に、顎関節症になりやすい咬み合わせと言われています。

2018年8月(9歳3ヶ月)

ブラケットを装着しました。

まずは前歯を綺麗に並べます。

2019年1月(9歳8ヶ月)

前歯の隙間を閉じながら

ヘッドギアを使って上顎のコントロールをしています。

2019年8月(10歳3ヶ月)

上顎しっかり下がってきたので

次回から取り外しの装置で咬み合わせを挙げていきます。

2019年10月(10歳5ヶ月)

ブラケットを外し、取り外しが出来る装置に変えて

咬み合わせを挙げていきます。

装置を付けると前歯しか当たらない様に出来ています。

 

2020年4月(10歳11ヶ月)

取り外しが出来る装置に変えてから半年です。

しっかり使っているので、咬み合わせ挙がってきました。

装置を入れていなくても、咬み合わせた時に下の歯がしっかり見えています。

もう少しこの装置を使っていきます。

2020年7月(11歳2ヶ月)

約9ヶ月、取り外しの出来る装置を頑張って使いました。

生え変わりも進み、状態も良いので、一度治療を終了します。

これからは、本格的矯正治療が必要か、永久歯が全て生え揃うまで

経過観察していきます。

ページトップへ戻る