院長挨拶|高崎の矯正歯科

  • 予約優先
    • 0273956600
    • アクセス

    10:00~12:30 / 15:00~18:30 ※水曜、日祝休診

院長挨拶

スマイルデザインのホームページにようこそ! 院長の丸山博絵です。
こちらのページでは、私が矯正歯科医を目指した理由、そして、矯正治療と、スマイルデザインへの想いをお伝えしたいと思います。少し長くなりますが、最後までどうぞおつきあいくださいね。

夢はおもちゃ屋さんか歯医者さん

私は三人姉妹の末っ子。小さい頃から、こまごまとしたものを作るのが大好きで、いつも学習雑誌の付録づくりを楽しんでいました。上の姉二人の分の付録までもらって作っていたぐらいですから、相当はまっていたのでしょう(笑)
自分で言うのもなんですが、手先は器用だったんです。

そんな手先の器用さを仕事にしたいと考えたのかどうかは定かではありませんが、子どもの頃は、おもちゃ屋さんか歯医者さんになりたいな、なんて思っていました。

ところが中学に進学する頃には、そんな夢もすっかり忘れてしまいました。高校で進路を決める際も、具体的な目標が見つかりません。そんなとき、見かねた母が、「あなたは手先が器用だから、やっぱり歯科医が向いているんじゃない?」、と。
そんなこんなで、母に勧められた進路にあえて疑問も持たないまま歯学部に入りましたが、学んでみると、これがなかなか面白くて、楽しい大学生活でした。背中を押してくれた母には大感謝です。

矯正への想い

歯科医といってもどのような治療をしたいかによって、専門分野が異なります。私の場合、専門を選択するにあたっては、補綴(*ほてつ 入れ歯やかぶせものを専門とする科)か、矯正かで迷ったのですが、どちらも臨床を経験した結果、歯並びを根本から治す矯正に興味がわき、最終的に矯正を選択しました。

とはいえ、矯正治療がごく当たり前に行われている欧米と比べると、日本ではまだまだ矯正は一般的ではありません。欧米では、矯正はひとつのステイタスでもあるため、矯正中であることをあえて強調し、目立つ銀色の矯正器具を使用しますが、日本人は、「あの目立つ金具が嫌」「矯正していることをなるべく知られたくない」と言って、矯正中はできるだけ目立たない器具を選択する方がほとんどです。矯正に対する考え方が、根本的に違うんですね。

けれども、矯正をして、美しい歯並びを手に入れると、人って本当に外からも内側からも輝くのです。大学卒業後は、矯正専門のクリニックで数多くの患者様の矯正を担当しましたが、矯正終了後は、皆性格まで明るくなって、治療した私自身も大感激。ああ、これは素晴らしい分野だなあ、と思いました。

さらに矯正は、「歯並びをキレイにする」だけの治療ではありません。というのも、歯並びがキレイになることは、お口の健康にも大きくプラスになるからです。
歯並びが悪いと、頑張って毎日歯磨きをしても磨き残しが多くなり、その結果、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。また、噛み合わせが悪いと、ものを噛むときの効率が悪くなり、胃腸に負担をかけていることも少なくありません。つまり、歯並びや噛み合わせは、全身の健康にも影響しているのです。

「美しさ」を手に入れるためなら、被せものという方法もあります。でも被せものは、健康な歯を削って人工的な歯を被せる治療。もちろん被せものも、お口のなかの状態によっては素晴らしい治療法ですが、健康な自分の歯があるのなら、それを活かして「美しさ」と「健康」を手に入れるほうが自然だと思うのです。

最近は、小児矯正といって、2段階に分けた矯正を行う治療も少しずつ知られてきました。これは、乳歯が生えそろった6歳前後に上あごと下あごのバランスを整える治療を行い、その後、永久歯が生えそろった12歳以降に、歯そのものの矯正を行う治療です。受け口や出っ歯などは、生まれつきだから仕方がない、とあきらめている方も多いのですが、小児矯正を受ければ顎のバランスが整い、発語の悪さや噛み合わせの悪さからも解放されます。こうした治療に関するお問い合わせも増えていますので、これからもスマイルデザインでは、矯正だけでなく、小児矯正にも力を入れていきたいと考えています。

歯医者らしくないクリニックに

スマイルデザインをオープンする際、矯正治療のほかにもうひとつこだわったのが、患者様に安心して通っていただける空間づくりです。

実は私自身、小さい頃、歯医者さんに行くのが大嫌いでした。昔ながらの歯医者さんって、痛いし、怖いし、院内もなんとなく暗くて嫌。独特の消毒薬の匂いや、歯を削るキーンという音も大嫌いでした。
だからこそ、自分のクリニックを持てるのなら、そのようなマイナスイメージをすべて覆す空間を作ってしまおうと思ったのです。

クリニック名は、自分の苗字や名前ではなく、患者様の笑顔づくりのお手伝いをしたいという想いをこめて『スマイルデザイン』に。
治療用のユニットはひとつ。けれどもあえて個室っぽくはせず、開放感のある明るいスペースに。カウンセリング専用の部屋も、別に設けています。

治療に使用する器具はなるべく患者様の目に触れないよう、収納スペースにも気を配りました。

そして、ひとりひとりの患者様に、余裕を持って対応できる時間を確保するために、完全予約制でカウンセリングと治療を行っています。

一般歯科と混同していると、なかなかここまではできませんが、矯正専門のクリニックにすることで、私が理想とする空間づくりが可能になりました。

ほっとできる空間で、皆さまおひとりおひとりとしっかり向き合いながら、美しい笑顔のためのお手伝いをさせていただけたら、と考えています。
矯正に関するご相談は、どうぞ『スマイルデザイン』へ。

ともに、歯のこと、そして笑顔のことを考えていきましょう。

スマイルデザイン
院長 丸山 博絵

ページトップへ戻る