㊿ 8歳9ヶ月 女子|高崎の矯正歯科

  • 予約優先
    • 0273956600
    • アクセス

    10:00~12:30 / 15:00~18:30 ※水曜、日祝休診

下の前歯が見えない(過蓋)

㊿ 8歳9ヶ月 女子

シェア 下の前歯が見えない(過蓋)

2014年10月(8歳9ヶ月)

上の前歯が気になり、矯正スタートしました。

下あごに比べると、やや上あごの方が成長が旺盛なのと

咬み合わせが深い(過蓋咬合)状態です。

2015年12月(10歳0ヶ月)

前歯にブラケットを装着し、ヘッドギアを使って上あごの

コントロールをしました。

これから取り外しの出来る装置を使って

上の前歯を抑えながら、下あごのコントロールもしていきます。

2016年10月(10歳9ヶ月)

装置を頑張って使っているので咬み合わせた時

下の前歯が見えていて、しっかり効果が出ています。

約9ヶ月使ったので、ここで一端治療を終了し

全ての永久歯が生え揃うのを待っていきます。

八重歯が気になるとは思いますが、今は手を付けません。

2019年1月(13歳11ヶ月)

全ての永久歯が生え揃ったので本格的矯正治療を行います。

いわゆる2段階目と言われる矯正治療です。

この段階でガタガタの治療を行っていきます。

ガタガタの原因は顎の大きさに比べ、歯が大きいためです。

2020年3月(14歳3ヶ月)

ガタガタを取り口元をさげていくため歯を抜きました。

咬み合わせが深いので上から先にスタートします。

2020年4月(14歳4ヶ月)

左上、中に入っている歯を出すためにコイルを入れて隙間を作ります。

2020年5月(14歳5ヶ月)

隙間が少しずつ出来てきたので

中に入っている歯に装置を付けて少しずつ出していきます。

2020年6月(14歳6ヶ月)

上の歯だいぶ真っ直ぐになってきたので

下にもブラケットを入れました。

下のガタガタは少ないので抜かずに並べていきます。

2020年7月(14歳7ヶ月)

上下ともガタガタ取れてきました。

2020年8月(14歳8ヶ月)

上下ともガタガタが取れ、ワイヤーが太くなりました。

アーチもとても綺麗になってきました。

もう少し細かいガタガタを取っていきます。

2020年9月(14歳9ヶ月)

細かいガタガタも取れ綺麗に並びました。

上の前歯をさげていくステップの準備に入ります。

2020年10月(14歳10ヶ月)

前回と見た目は変わりませんが、上のワイヤーが一番硬くなりました。

次回から咬み合わせを作っていくステップに入ります。

ページトップへ戻る