やっぱり歯を抜かないとダメ?|高崎の矯正歯科

  • 予約優先
    • 0273956600
    • アクセス

    10:00~12:30 / 15:00~18:30 ※水曜、日祝休診

スマイルコラム

やっぱり歯を抜かないとダメ?

シェア スマイルコラム

矯正治療で、『歯を抜く』ということを、耳にしたことがあると思います。

もちろん、抜かなくても良い咬み合わせが出来れば、絶対に抜きません。

歯を抜く確率が高い方は、叢生(ガタガタ)がある方や、口を閉じるときに

力を入れないと閉じられない方です。

歯の周りには唇、頬、舌があるので、それらの筋肉圧の均衡のとれる場所に

歯が並びます。

あごの大きさより歯が大きい方で、筋肉圧が強いとガタガタに⇒

2006-11-28-1019-42 (2)

⇓歯を抜いて治療後

DSC_0300

筋肉圧が弱いと歯が前に出て口が閉じにくくなります。⇒

2007-02-13-1510-42 (2)

⇓歯を抜いて治療後⇓

DSC_0165

矯正治療の目標の一つにE-lineという指標があります。そのライン上に

口元が近づくようにしていくと良い結果が得られます。

叢生(ガタガタ)の方を抜かずに治療すると、E-lineより前に口元が

出てしまうので、良い治療ではありません。またそこには唇があるため

治療後に元に戻りやすく、再治療が必要になることが多いです。

歯を抜くか、抜かないかはお口の中を診ないとわからないので

ご自分はどうなのかしら?と思う方は、お近くの矯正医に

診てもらいましょう。

 

 

ページトップへ戻る