何歳から始めたらいい?|高崎の矯正歯科

  • 予約優先
    • 0273956600
    • アクセス

    10:00~12:30 / 15:00~18:30 ※水曜、日祝休診

スマイルコラム

何歳から始めたらいい?

シェア スマイルコラム

多くの方が、気になる事だと思います。

歯並びの事だけを考えてお答えしますと、

下あごが逆に咬んでいる場合は、3歳から治療が可能です。

そうでない場合は、6歳臼歯が生え揃ったら

1度、矯正医に診てもらいましょう。

その時点で、あごにズレ(出っ歯や受け口、開咬、過蓋咬合)がある場合や

歯の生えている方向が悪ければ治療が必要になります。

歯並びは、高い確率で良い方向へいく事はございません。

混合歯列期に行う治療は、主に上下の顎のバランスを整える事が目的です。

あごのバランスが整ったら、一端治療は終了します。

これは、いわゆる1段階目の治療です。

その後、全てが永久歯に生え変わるまで成長を見守ります。

12歳臼歯が生え、全ての永久歯への生え変わりが完了し

成長が落ち着いた時点で、しっかり咬んでいなければ

次の段階の治療へ進みます。これは、いわゆる2段階目の治療になります。

この治療は平均して13~14歳頃になります。

永久歯列期に行う治療は、1本1本の歯を、しっかり咬ませる事が目的です。

この流れが最もお勧めの時期になります。

 

1段階目の治療は、成長中でないとできない治療になりますので

期間限定ですが、2段階目の治療は歯周病でなければ、何歳でも可能です。

ただ、矯正治療は本人のやる気が重要ですので、適齢期でも治したいという

気持ちが無ければ、あまりお勧めできません

つまり、2段階目の適齢期はご自分が歯並びを気にされたとき

ということになります。

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る