堅いものを咬んで顎を大きく?|高崎の矯正歯科

  • 予約優先
    • 0273956600
    • アクセス

    10:00~12:30 / 15:00~18:30 ※水曜、日祝休診

スマイルコラム

堅いものを咬んで顎を大きく?

シェア スマイルコラム

お子様の歯並びを気にされて来院される親御さんに

『堅いものを食べさせなかったから、顎が成長しなかった

と、ご自分を責めている方がいます。

確かに昔に比べると、柔らかい食べ物が増えていますが

堅いものを食べたからと言って、顎の骨が大きくなる事はございません。

歯の凸凹が多い方と少ない方の違いは、ある程度は遺伝で決まりますが

しっかり咬んでいるか、いないか。

gohan

通常、上の奥歯は頬側(外側)に、下の奥歯は舌側(内側)に

向かって生えてきます。

上の歯と下の歯がぶつかり始めると、咬む力によって真っ直ぐに

生えていくように、向きを変えます。この現象により、歯列が広がって

少ない凸凹なら改善することがあります。

つまり、柔らかい物でも、しっかり咬んでいれば良いのですが

柔らかいと、咬む回数が減ってしまうので、効果は出にくくなります。

そのため「堅いものを食べましょう。」と言われているのですが、

少しずつ解釈が変わり、堅いもので顎を大きくする、ということに

なってしまっているのだと思います。

しかし、凸凹の原因は様々です。そして歯並びが悪いのに

しっかり咬みましょうと言っても無理な話です。

歯並びの成長には先天的な要素と、後天的な要素が密に関係してきます。

まずは、しっかり咬めているのかどうか

お近くの矯正歯科医に診てもらいましょう。

ページトップへ戻る