永久歯が生えてくる順序と位置について|高崎の矯正歯科

  • 予約優先
    • 0273956600
    • アクセス

    10:00~12:30 / 15:00~18:30 ※水曜、日祝休診

スマイルコラム

永久歯が生えてくる順序と位置について

シェア スマイルコラム

永久歯が生える順序は人によって若干違いがあります。

上あごと下あごでも順序が異なります。

あごの大きさと、歯の大きさのバランスが良いと、歯は綺麗に並びます。

あごの大きさより、歯の大きさが小さければすきっ歯になります。

あごの大きさより、歯の大きさが大きければ凸凹してしまいます。

 

【下あごの永久歯が生えてくる順序】

   6番目➝1番目➝2番目➝3番目➝4番目➝5番目➝7番目➝(8番目)

 です。なので凸凹が出やすいのは5番目の歯になります。

 もちろん違う場合もあります。

 

【上あごの永久歯が生えてくる順序】

 上あごはいくつかパターンがあります。

  6番目➝1番目➝2番目➝4番目➝5番目➝3番目➝7番目➝(8番目)

 この場合は、凸凹が出やすいのは3番目になります。八重歯になるので

 この順序で生えてきた方が一番歯並びを気にされます。

  6番目➝1番目➝2番目➝4番目➝3番目➝5番目➝7番目➝(8番目)

 この場合は、凸凹が出やすいのは3番目か5番目です。

  6番目➝1番目➝2番目➝3番目➝4番目➝5番目➝7番目➝(8番目)

 この場合は、凸凹が出やすいのは5番目、内側に生えてくる方が多いです。

もちろんどのパターンにも当てはまらない方もいらっしゃいます。

 

生えてくる順序によって咬み合わせは変わりますので

気になる方は矯正専門医に相談することをお勧め致します。

ページトップへ戻る