自然に良い歯並びになるための条件とは|高崎の矯正歯科

  • 予約優先
    • 0273956600
    • アクセス

    10:00~12:30 / 15:00~18:30 ※水曜、日祝休診

スマイルコラム

自然に良い歯並びになるための条件とは

シェア スマイルコラム

 

実は、もともと正常な歯並びの方はほとんどおりません。

歯は、乳歯から永久歯に生え変わるときに、少しずつ動きながら

今の咬み合わせになっていきます。全体的に動くのは20歳前後の

親知らずが生えるまでです。(親知らずが無い方もいらっしゃいます。)

その後も虫歯が出来たり、歯周病になれば歯並びは変化していきます。

また、ご自分の咬む力や、加齢によっても歯並びは変化します。

次の条件がすべて揃うと、矯正治療が必要ない良い歯並びになります。

  • 上のあごと、下のあごの大きさのバランスが取れていること

               ⇒(出っ歯や受け口ではないですか?)

  • あごの大きさと、歯の大きさのバランスが取れていること

               ⇒(凸凹やすきっぱではないですか?)

  • 歯の数が揃っていること

               ⇒(過剰歯、欠如歯はありませんか?)

  • 舌の動きが正常であること

               ⇒(開咬、舌っ足らずではないですか?)

  • 歯並びに影響する悪い癖がないこと

               ⇒(うつぶせ寝、頬杖などはないですか?)

  • 悪い咬み癖が無いこと

               ⇒(片側だけで咬んではいないですか?)

  • 乳歯に虫歯が無いこと

               ⇒(虫歯の治療をしたことがありますか?)

  • 乳歯の生え変わる順番が正常であること

               ⇒(なかなか生えてこない歯はないですか?)

  • 永久歯の生えてくる位置、向きが正常であること

               ⇒(おかしな所に生えてきた歯はないですか?)

  • 歯磨きが上手であること

               ⇒(食べたら磨く習慣はありますか?)

これらの条件が揃うことは難しいですが、疑問に思ったらお近くの矯正医に相談してみましょう。

ページトップへ戻る