キシリトールってすごい!Vol.①|高崎の矯正歯科

  • 予約優先
    • 0273956600
    • アクセス

    10:00~12:30 / 15:00~18:30 ※水曜、日祝休診

ご存知ですか?

キシリトールってすごい!Vol.①

シェア ご存知ですか?

虫歯にならない甘いもの、キシリトール。

多くの人が‘‘何となく歯に良さそう’’という印象を持っていると思います。

しかし、何となく歯にいいレベルではなく、本当に歯にいいのです!(^^)!

キシリトールを活用すれば美味しく簡単に虫歯が予防できます。

知っているようで知らなかったキシリトールのことを、

改めて少しずつご紹介させて頂きます(*^^*)

★キシリトールってなに?

キシリトールは「天然素材」の甘味料。

シラカバやカシなどの樹木からとれる成分(キシラン・ヘミセルロース)

が原料です。おもにフィンランドで生産されています。

img_0

キシリトールの嬉しい特徴は、なんといってもお口の中がスーッとする

爽やかな甘さ!

しかも、ショ糖(砂糖の主成分)と同じ甘さなのに、

カロリーはショ糖の約75%です。

★安心・安全で虫歯になりにくい

キシリトールは、かつて10年以上、炭水化物として「点滴」に

使われてきました。1997年には、厚生省(現在の厚生労働省)から

「食品添加物」として認可。

安心・安全は保証済みです。

♥1日にどれくらいまで食べていい?

キシリトールは、JECFA(FAO/WHO合同食品添加物専門会議)で

1983年に「1日摂取許容量は特定せず」と評価され、

現在に至ります。

「1日摂取許容量」とは、「生涯にわたって毎日摂取し続けても影響がでない

と考えられる1日当たりの量」の事です。

制限がないのは、人間の体にとって「安全」ということなんですね。

♥お腹がゆるくなるというけど、大丈夫?

キシリトールが腸の中で吸収されるためには、たくさんの水分が必要です。

これは腸管壁からの吸収速度がゆっくりなのが原因。

そのため、慣れていない人では、体重1kgあたり0.5g食べると

一時的に軟便になることも。

ガム1粒でゆるくなる人もいれば、10粒食べてもならない人もいます。

心配なら、1日1粒から始めましょう。

Fotolia_50856022_Subscription_XXL

★虫歯の原因をコントロールできる

虫歯の原因はいろいろありますが、第1位は、口のなかのミュータンス菌。

このミュータンス菌に対して大きな影響を与えるのがキシリトールなんです。

誰でも口の中には色々な菌がいます。

キシリトールは、その中のミュータンス菌を弱らせ、減らしてくれるチカラを

持っているんです。

このチカラの働きによって、お口の中に虫歯を作りにくい「善い菌」が

増えます。お腹と同じように、お口も善い菌が増えることで健康になるんですね。

キシリトールは、‘‘ラクに’’しかも‘‘美味しく’’予防できるのです。

次回は具体的にどのような働きをするのかをご紹介していきます(^^♪

d_05

歯科助手 唐澤梨絵

 

ページトップへ戻る