デンタルフロスの種類|高崎の矯正歯科

  • 予約優先
    • 0273956600
    • アクセス

    10:00~12:30 / 15:00~18:30 ※水曜、日祝休診

ご存知ですか?

デンタルフロスの種類

シェア ご存知ですか?

現在、日本で販売されているデンタルフロスは、国内製だけでなく

海外製の物も、多数販売されています。

先日「デンタルフロスの輸入量が過去最高」という

記事を目にしました。

それだけ消費し、日本人のお口の健康意識が

高まっているという事だそうで、素晴らしい事ですね🦷✨

 

一概にデンタルフロスと言っても、薬局に行くと沢山の種類があって

迷ってしまいますよね。

 

まず、デンタルフロスには

ホルダータイプ」と「糸巻きタイプ」があります。

 

ホルダータイプには2種類あります。

🌼F型🌼

🌼Y型🌼

持ち手の柄の部分を、アルファベットの「F」「Y」に見立てて

そう呼ばれています。

 

それぞれ

F型・・・前歯に使いやすい

Y型・・・奥歯に使いやすい

という特性があります。

ですがF型で奥歯、Y型で前歯に使用しても、問題なく

慣れればどちらでも、簡単に使用する事ができます。

 

糸巻きタイプは、糸を自分好みの長さに切って

指に巻き付けて使用します。

使い始めは少し難しいかもしれませんが、慣れればホルダータイプ同様に

簡単に使用する事が出来ます。

さらに、フロスを好みの長さで使用できるので、ホルダータイプに比べて

コストが、抑えられるというメリットもあります。

 

また、フロス(糸)にも種類があります。

主にワックスノンワックスの2種類が主流です。

 

ワックスタイプは滑りが良く、初めての方でも簡単に

歯と歯の間に通すことが出来ます。

 

ノンワックスは滑りが悪く、慣れていないと

無理に入れようとして歯ぐきを傷めてしまう事があります。

ですが、ワックスタイプよりも、汚れがからめ取りやすいという利点もあります。

 

ちなみに歯ブラシだけでは、どんなに丁寧に磨いても

約6割の汚れしか、取れないと言われています。

自分に合ったフロスを見つけて、1日1回でも良いので

デンタルフロスを始めてみませんか😁

歯科助手 石原佐恵子

 

 

ページトップへ戻る