ドライマウス対策|高崎の矯正歯科

  • 予約優先
    • 0273956600
    • アクセス

    10:00~12:30 / 15:00~18:30 ※水曜、日祝休診

ご存知ですか?

ドライマウス対策

シェア ご存知ですか?

お酒を飲む機会が増えるこの時期ですが

飲みすぎると、ドライマウスを引き起こす事をご存知ですか?

現代人は昔に比べ、柔らかいものを食べることが多く

食べ物を噛む回数が、減っています。

更には、ストレスやパソコン、スマートフォンなどで自律神経が乱れ

唾液の分泌量が減る原因が、目白押し”(-“”-)”。

お付き合いで飲み会続きになる方は

多方面で要注意です!!

唾液は、虫歯・口臭・歯周病を予防して

消化も助けてくれる大事な存在です。

今日からドライマウス対策をしてみませんか?

①水をたくさん飲む

water

1日当たり、1.5ℓあたり飲むとよいそうです。

ただしジュース、お茶、コーヒーは逆効果。

 

②舌の体操をする

taisou2

 

舌を意識して動かすことによって唾液が出てくるようになります。

 

③酸味のあるものを食べる

フルーツ

酢の物やレモンなど酸味のあるものは、唾液をたっぷり出してくれます。

イメージするだけでも効果ありです(*^^*)。

ただ、酸蝕歯には注意が必要です。

 

④昆布を噛む

konbu

昆布に含まれるアルギン酸には、唾液の分泌量を増やしてくれる

作用があります。舐めて、お口の中で溶けるまで転がすようにすると

より効果的。

 

⑤唾液腺マッサージ

tejun

耳下腺、舌下腺、顎下腺は3大唾液腺と呼ばれていて、

マッサージすると唾液の分泌を促すことができます。

 

いかがでしょうか?

どれも、それほど難しくなく取り入れられそうですよね!(^^)!

思い出した時にやるだけでも違いますよ♡

ぜひ、上手なセルフケアでこの時期を乗り切りましょう!

♡

歯科助手 唐澤梨絵

 

 

ページトップへ戻る