予防歯科という考え方|高崎の矯正歯科

  • 予約優先
    • 0273956600
    • アクセス

    10:00~12:30 / 15:00~18:30 ※水曜、日祝休診

ご存知ですか?

予防歯科という考え方

シェア ご存知ですか?

お肌の曲がり角だけでなく、

歯の曲がり角も30代にやってきます

急に肌の衰えを感じ始める人が増えるのと同じように

30代は虫歯や歯周病にかかる人も一気に増える時期なのです。

 

老いは口の中にも訪れます。

年齢を重ねるごとに歯は老化し、歯肉も下がってきます。

それを考えると、10代や20代のように

「虫歯が出来たら歯医者へ行く」だけのケアでは十分とは言えません。

だからこそ、30代がオーラルケアの始め時

健康で長生きするためには、このスタートが肝心です。

「まだ若いから大丈夫」とは思わずに、歯が健康なうちにこそ

きちんと丁寧にケアを行っていきましょう。

もちろん、10代20代が安心というわけではありません。

歯磨きがしっかりできていないと歯肉炎になりますし、

乳歯の虫歯が永久歯に影響することもあるのです!

小さい時からお口の中の事に意識を向ける癖をつけておく事が

大人になって慌てなくて済むのかもしれませんね(^^;)

予防歯科という考え方

イラスト歯・ハブラシ

予防歯科という考え方をご存知でしょうか。

以前は虫歯や歯石などの具体的な症状が表れてから

歯医者に行く人がほとんどでした。

しかし今、悪い所が見つかってからではなく、悪くなる前に対策を打つ

予防歯科の考え方が広まっているのです。

成人の歯は「一生もの」。

髪の毛のようにどんどん生えてくるものではありません。

歯が健康なうちに適切なケアを始めることが大切です。

そうすれば、一気に歯にガタが来て入れ歯や差し歯だらけになる・・・

なんていう悲しい未来を防げます。

 

年をとっても自分の歯がたくさん残っていると

全身疾患のリスクが低く、認知症にもなりにくくなります。

つまり、健康的に長生きできるのです。

そしてそのために動くのは「今」。

改めて自分の歯磨き習慣などを見直すとともに、

歯医者でクリーニングを受けるなど、対策を講じていきましょう。

いつまでも、家族全員で健康に過ごしたいですね(*^^*)♥♥

illust413

歯科助手 唐澤梨絵

 

 

 

 

ページトップへ戻る