口呼吸になっていませんか?|高崎の矯正歯科

  • 予約優先
    • 0273956600
    • アクセス

    10:00~12:30 / 15:00~18:30 ※水曜、日祝休診

ご存知ですか?

口呼吸になっていませんか?

シェア ご存知ですか?

気が付くと口が開いている、朝起きると喉が痛いなど

自分が口呼吸をしている事を自覚したことがありますか?

 

自分だけでなく、ご家族がテレビを見ていたり

勉強やゲーム、読書などに集中している時に

お口が開いている事がありませんか?

 

慢性的な鼻炎など、鼻呼吸が難しい場合もありますが

口呼吸はデメリットがいっぱい!

今日はその一部をご紹介します。

 

口呼吸を続けていると・・・

★風邪をひきやすくなる

★口臭・虫歯・歯周病の原因になる

★睡眠の質が落ちる

 

通常、人は鼻で息を吸います。そこで吸い込んだ空気が鼻に入る前に

要らないもの(ウイルスや風邪菌、など)を取り除き

温めて湿気を与えて肺に送ります。

しかし口呼吸の場合はダイレクトに外気が入ってくるので

風邪をひきやすくなってしまうのです。

 

口臭・虫歯・歯周病の原因はお口の中の乾燥が主な原因です。

特に寝ている間は唾液の分泌も少なくなり

起きている時より余計に乾燥しがち。

乾燥すると細菌の繁殖が活発になります。

睡眠の質が落ちる原因は、お口を開いて寝ることにより

舌が喉に落ち睡眠時無呼吸症候群になる可能性がある事、他に

いびきもかきやすくなります。

いびき自体、本人は覚えていないようですが傍から見ると

寝苦しそうですよね(父がヒドイので苦しくないのか良く聞きます😅)。

つまり、寝ても疲れが取れない状況が続いてしまうのです。

 

このように口呼吸をしていると様々な事に影響が出てきます。

どれも防ぎたいものばかりですよね!

 

 

口呼吸の原因は先ほども書いた通り鼻炎などで鼻が詰まっている

場合もありますが、歯並びが影響している場合も多く見受けられます。

 

その場合はなかなか自分で意識してなおす、というのが難しくなってきます。

『もしかして、この口呼吸・・出っ歯が原因かも😱』

などなど!もし不安や疑問がございましたら

お近くの矯正歯科に相談に行きましょう!

歯科助手 唐澤梨絵

ページトップへ戻る