歯ブラシ選びはどうしていますか??前編|高崎の矯正歯科

  • 予約優先
    • 0273956600
    • アクセス

    10:00~12:30 / 15:00~18:30 ※水曜、日祝休診

おススメです!

歯ブラシ選びはどうしていますか??前編

シェア おススメです!

口腔ケアの道具として一番身近な歯ブラシ。

皆さんはどんな基準で選んでいますか?

様々な形、値段、用途・・・

私は子供の頃から歯ブラシが大好きでしたので、単純に気に入った

デザインのものを買う癖がついていたのですが(^^;)

知れば知るほど奥深い歯ブラシ!!・・・というわけで、

以前こちらで書かせて頂いたおススメ歯ブラシのタフト24について

7つの「いい話」をご紹介させて頂きます(*^^*)

img62455620

1.束(タフト)の話

大切なことは、毛の本数や密度です

 

虫歯や歯周病にならないためには、

歯の汚れ(プラーク)をしっかり落とすことが大切。

そのためには、

「毛の本数が多く、密である」

「毛先が均等に歯に当たる」

という2つのポイントがとても重要なのです。

DSC00990 (2)

「タフト24」は一般的な歯ブラシに比べ、たくさんの毛を植毛。

歯をしっかりと捉えて包み込み、

しなやかに動くので汚れを効果的に落とせます。

また毛先の高さをフラットにすることで、

毛先を均一に当てることが可能になります。

2.素材の話

コシが強く、かき出す力が続く

 

歯の汚れをしっかり落とすためには、

歯ブラシのしなった毛が、元に戻る力が必要なのです。

 

でもその力(コシ)は、水分を含むことによって日々弱くなってしまいます。

「PBT」(ポリブチレンテレフタレート)は、

多くの歯ブラシの毛に使われているナイロンに比べて

とても優れているのです。

DSC00998 (2)

「タフト24」に使われているPBT素材は、

元に戻る力を一般のPBTに比べ25%も高めています。

だから、水はけがよくコシが強いので、

プラークをしっかり落とすことができます。

3.毛先の話

歯や歯ぐきを傷つけない工夫をしている

 

歯ブラシの毛先は、

どれも「同じ」ではありません。

例えば切りっぱなしの毛先。どんなに繊細な力で磨いても

毛先のカドなどが当たってチクチクしたり、

歯や歯ぐきを傷つけてしまいます。

DSC00992 (2)

「タフト24」は、毛先の加工にこだわりました。

 

カットした毛先を丁寧に面取りすることで、歯や歯ぐきを傷つけることなく

歯磨きをすることができます。

DSC00999 (2)

 

 

段々わかってきました、歯医者さんに置いてある歯ブラシの”違う”ところ!(^^)!

次回は7つの「いい話」の後編をご紹介させて頂きます★

歯科助手 唐澤梨絵

 

 

 

ページトップへ戻る