歯ブラシ選びはどうしていますか??後編|高崎の矯正歯科

  • 予約優先
    • 0273956600
    • アクセス

    10:00~12:30 / 15:00~18:30 ※水曜、日祝休診

おススメです!

歯ブラシ選びはどうしていますか??後編

シェア おススメです!

“タフト24”7つの「いい話」後編です(*^^*)

4.かたさの話

一人ひとりに合うかたさがある

 

一般的に売られている歯ブラシのかたさは、

だいたいやわらかめ、ふつう、かための3種類。

でも、歯ぐきに炎症があったり、歯が削れてしまっていたり、

歯を磨く時の状態は一人ひとり違います。

「タフト24」は、一人ひとりのどんなお口の中でも快適に磨けるように

6種類のかたさが揃っています。

DSC01001 (2)

※スマイルデザインでの取り扱いはMS.SS.ESSとなります。

自分に合った、適切なかたさの歯ブラシで磨くことが

お口の中を健康に保つ秘訣です。

5.柄(ハンドル)の話

手になじみ、自然に使えるカタチ

 

歯はお口の中で丸くカーブするように並んでいるので、

歯ブラシの柄は曲がっている方がよく磨けそうに感じますが

実はその逆。

柄が曲がっていると、奥の歯や裏側など色々な角度に当てにくく、

磨き残しが多くなってしまいます。

「タフト24」の柄は、

シンプルで操作しやすいまっすぐなカタチ。しかも無駄な力が

かからないように幅や厚さを工夫しています。

おすすめの持ち方にも自然になじみます。

おすすめの持ち方

DSC01008

 

また、角の無いヘッドは奥歯を磨いても痛くないように

設計されています。

だから、お口の中のどんな場所も上手に磨くことができるのです。

DSC01003 (2)

6.替え時の話

1ヶ月で替える、そのわけは・・・

 

磨き方や頻度によって多少異なりますが、

歯ブラシの交換時期はおよそ1ヶ月。

使い古した歯ブラシから

新しいものに替えると感触が違います。

それは、歯ブラシが本来持っている

コシが弱くなってしまったことが原因です。

「タフト24」に使われている「PBT」の毛先は、一般に使われている

「ナイロン」よりも1ヶ月を過ぎても十分使えますが、

汚れを落とす力が弱くなる前に、また衛生の点からも、

1ヶ月を目安に交換しましょう。

DSC01011

ちなみに・・・こちらで提示した歯ブラシの交換時期は、

正しい持ち方と適切な力で磨いた場合です。

人それぞれ磨く力の強さが違うので、力の強い人は

2週間ほどで毛先が広がってしまう場合があります。

しかしそれでは歯ぐきを傷めてしまったり、

きちんと歯と歯の間に毛先が届かず

歯磨きの意味がなくなってしまうのです”(-“”-)”

心当たりのある方は、すぐに歯科医院にて

歯磨き指導を受けましょう!!

交換時期にかかわらず、毛先が広がったら

歯ブラシを交換しましょうね。

7.滅菌の話

封を開けた時にクリーンであること

 

取り替えたばかりの歯ブラシ。

なんだかいい1日の始まりを予感させます。

だから、封を開け、お口に入れる際には

クリーンな状態であってほしいもの。

「タフト24」は清潔にお届けするために、

製造過程で付いた雑菌を取り除く滅菌処理をしています。

食品や医薬品の滅菌にも利用されている方法で、

WHO(世界保健機関)でも承認されている

安全性の高いもの。

安心して使い始めることができます。

haburashi_kirei

使った後の歯ブラシは、よくブラシの根元まで洗って水気を切り、

乾燥させて清潔に保ちましょう。

 

 

毎日の歯磨きは、虫歯や歯周病予防に欠かせない

セルフケアのひとつ。

さらに歯科医院でプロフェッショナルなケアを受けることで、

健康な状態を保つことができます。

定期的にチェックしてもらい、効果的な歯磨きを心がけましょう。

 

 

 

 

歯科助手 唐澤梨絵

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る