甘いものは虫歯になる?(人工甘味料編)|高崎の矯正歯科

  • 予約優先
    • 0273956600
    • アクセス

    10:00~12:30 / 15:00~18:30 ※水曜、日祝休診

スタッフブログ

甘いものは虫歯になる?(人工甘味料編)

シェア スタッフブログ

前回はオリゴ糖について調べましたが、今回は身近になった

人工甘味料についてです!

 

最近はいたるところで見かけるようになりました。

特に、お菓子やカロリーオフの飲み物などは

ほとんど入っているのではないかと思うほどです。

 

体に対する影響も気になりますが、歯に対する影響はどうなのか・・?

 

結論から言うと

カロリーの少ない人工甘味料は虫歯になりにくい!

ということです。代表的なもので言うと

アスパルテーム・・1g:4Kcal 砂糖の200倍の甘さ

アセスルファムK(カリウム)・・0Kcal 砂糖の200倍の甘さ

スクラロース・・0Kcal 砂糖の600倍の甘さ

★アスパルテームは、こう見るとカロリーがそこそこあるように見えますが

砂糖の200倍の甘さがあるので、わずか250mg(1Kcal)分のアスパルテームで

砂糖50g(200Kcal)と同じレベルの甘さが感じられます(◎_◎;)

これらの人工甘味料は、お口の中の細菌が酸を作り出すことができないので

虫歯の原因になりません。

ただ、ショ糖やブドウ糖などと、混ぜて使われていることが多いので

その場合は虫歯に対するリスクは減りません。

 

細菌が酸を作り出し、虫歯の原因となる甘味料は

果糖(フルクトース)、ブドウ糖(グルコース)、ショ糖(スクロース)です。

でも、これらの糖分は人間がエネルギーを作り出すのにかかせない

ものたちです。

一方人工甘味料は、ダイエットに使えたり

虫歯にはなりにくいですが色々な事がまだ未知数。

 

どちらも摂りすぎることなく、うまくお付き合いできるのがいいですね(*^^*)

 

歯科助手 唐澤梨絵

 

ページトップへ戻る