脱灰(だっかい)って何?|高崎の矯正歯科

  • 予約優先
    • 0273956600
    • アクセス

    10:00~12:30 / 15:00~18:30 ※水曜、日祝休診

ご存知ですか?

脱灰(だっかい)って何?

シェア ご存知ですか?

以前何回かブログでさらっと

書かせて頂いたことのあるこの用語。

最近は歯に対する意識の高い人が増えてきて

この言葉を知っている人も多いと思いますが

改めて虫歯になる仕組みをお伝えしようと思って

テーマにしてみました(^^♪

虫歯とは?

虫歯は、いきなり歯に穴が開くのではなく、

飲食などにより歯の成分が溶けだす脱灰が始まり

やがて歯に穴が開いて虫歯になります。

脱灰とは?

虫歯の原因菌であるミュータンス菌は、

食べ物に含まれる糖質などを使って酸を作ります。

この酸が、歯の表面のエナメル質内部からカルシウムや

リンを溶かし始めます。これを脱灰と言います。

脱灰の段階を初期虫歯といい、

この時は削るなどの治療はしません。

溶けた歯を唾液の力で再石灰化する事により

通常は自然に治癒します。

これらのバランスが崩れた時に虫歯が進行して

いくのです(>_<)

脱灰は飲食でお口の中が酸性になるとき起こりますので、

なるべく早くアルカリ性にする必要があります。

ダラダラ食べたり、酸性の強いものを好んで食べたり

する方は要注意です!

 

ミュータンス菌が酸を作り出す前に、お口の中を清潔にして

虫歯を予防しましょう!(^^)!

お口の中をアルカリ性に戻し、再石灰化させる能力を持つ唾液が

たくさん出るように、唾液腺マッサージもおススメ。

普段から意識して、虫歯ゼロを目指しましょう!!

歯科助手 唐澤梨絵

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る