赤ちゃんのお口の事|高崎の矯正歯科

  • 予約優先
    • 0273956600
    • アクセス

    10:00~12:30 / 15:00~18:30 ※水曜、日祝休診

ご存知ですか?

赤ちゃんのお口の事

シェア ご存知ですか?

先日友人の家に遊びに行き、

1歳になったばかりの赤ちゃんに会ってきました。

まだ何をするかわからないので、

お母さんも色々気を遣って大変そうでした。

中でも、赤ちゃんの離乳食関係が特に大変そうで

作るお鍋、洗うスポンジ、食器、まな板など

完全に大人のものと分けていました。

もちろん、虫歯菌を移さないためだそうです。

本人も、疲れるよ~と嘆いていました”(-“”-)”

 

確かに、食器の共有や口移しなどは

虫歯菌を感染させてしまうリスクになりますが

何もかも分けていたので、

そこまで徹底しないとダメかな?意外ともう少し

手を抜いても大丈夫なんじゃ・・・(笑)と思い、

少し調べてみました。

 

結論から言うと、そこまでしなくて大丈夫のようです!

虫歯菌自体そこまで感染力は強くないということと、

結局色々徹底しても、他に感染経路がたくさんあるので

(遊んでいる時にお友達のおもちゃを舐めるなど)

なかなか防ぎきれないということ。

 

それより周りの大人たち自身の口腔ケアと、

子供の食事管理、仕上げ磨きの方が重要です。

 

以前にも書きましたが、愛情表現のキスなどは

1歳の時点では避けた方が良さそうですが(^-^;

☞虫歯は感染症

両親よりも、おじいちゃんとおばあちゃんに

気を付けた方がいいなんて

悲しい話もあります(+_+)

 

必要なのは、虫歯菌が入らないように

「最低限」気を付けることと

どうしても100%は防げない虫歯菌の侵入に

どうやって対処するかなのです!

更に、周りの大人たちがしっかり口腔ケアをすることにより

赤ちゃんが感染するリスクを減らすことも大事!

 

甘いものを与えすぎない(ジュース、お菓子など)

仕上げ磨きをきちんとしてあげる

自分たちの口腔ケアを見直す

※虫歯がある場合はきちんと治しに行き、

キシリトールなども利用して虫歯菌の数を減らすなど

 

両親が歯について関心が高かったり、

正しい知識を持っていると

自然と子供もそれを引き継いでいきます。

子育てって本当に大変ですが、

上手に力を抜いて、必要なことはきちんとして、

いずれ自主的に自分の歯を守れるように

教えてあげられたらいいですね。

それにしても、お母さんて尊敬します!

歯科助手 唐澤梨絵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る