審美歯科と矯正歯科の違い|高崎の矯正歯科

  • 予約優先
    • 0273956600
    • アクセス

    10:00~12:30 / 15:00~18:30 ※水曜、日祝休診

スマイルコラム

審美歯科と矯正歯科の違い

シェア スマイルコラム

割と混同しやすい用語ではありますが、分野が違います。

どちらも目標とするところは同じですが、方法や期間などが異なります。

それぞれに利点・欠点がございますので、ご自分のニーズにあてはまる方法を

お選び頂くことをお勧めします。

簡単に違いを説明させて頂きます。

💛審美歯科💛

ご自身の歯を削り、人工的に作られた綺麗な歯を被せる、もしくは

差し歯にしていきます。回数的には3~4回の来院で終了します。

料金的には入れる材質によって異なりますので、歯科医にご相談ください。

 利点:綺麗な歯を短期間で入れることができる。

 欠点:健康な歯を削り、歯の神経を抜く場合もあり、歯の寿命が短くなる。

≪お勧めの方≫

もともと歯そのものの形や、色が悪い方。また短期間で仕上げたい方。

 

💛矯正歯科💛

ご自身の歯を並べ替えて、悪い咬み合わせを、しっかり咬める様にします。

歯を動かす期間は1年半~2年が平均です。

歯を動かした後は保定という期間が2年必要です。

料金的には使う装置にもよりますので、矯正歯科医にご相談ください。

 利点:咬み合わせが良くなり、歯磨きもしやすくなるため歯の寿命が延びる

 欠点:歯に装置を長い期間、装着しなければならない

≪お勧めの方≫

咬み合わせが悪く、根本的に治したい方。

ページトップへ戻る