お酒はほどほどに|高崎の矯正歯科

  • 予約優先
    • 0273956600
    • アクセス

    10:00~12:30 / 15:00~18:30 ※水曜、日祝休診

ご存知ですか?

お酒はほどほどに

シェア ご存知ですか?

タイトル通りの内容なんですが・・・。笑

お酒は飲み方を間違うと歯にも悪いんです!

そこで今日は、お酒が及ぼす歯への影響を書かせて頂きます(*^^*)

 

とは言っても、お酒をやめるなんて無理だよ!!という方も

少なくないと思います。

会社の付き合いで飲むこともありますしね。

なので、飲むな!ということではなく

ほどほどに嗜む程度にしましょう。

 

私の実家に帰る途中の道で

『人生のスパイス、酒』という看板があるのですが

飲めない私の人生はノースパイスだな。。と

ちょっと悲しく感じたものです。

 

話が脱線しましたが

飲酒は唾液の分泌を阻害します。

唾液の生産を低下させるなんていうことも。

つまりドライマウスになりやすい!

お酒には利尿作用もあるので、体の水分が減り、

更に悪循環に・・・。

そうすると、口内の自浄作用が減って

虫歯や歯周病のリスクが大幅に増えてしまうんです。

そして、飲みすぎが招くアルコール依存症。

こうなると、食事もうまく摂れないようになり

一気に歯周病が進行してしまいます。

 

もっと身近な例としては、

お酒を飲んで帰宅した後、酔っ払っているため

歯磨きをしなかったり疎かにしたりすること。

唾液が減っていて更に就寝時はお口の中の細菌が増える為

歯に与える影響は絶大です”(-“”-)”

 

小さなことですがお酒を楽しく飲むためには

●ほどほどにする

●飲んだ後の口腔ケアを怠らない

●お酒以外の(水など)水分補給も忘れない

意識すれば簡単ですよね!(^^)!

是非これらを心掛けてみてくださいね。

歯科助手 唐澤梨絵

 

 

 

 

ページトップへ戻る