歯周病が全身に影響?|高崎の矯正歯科

  • 予約優先
    • 0273956600
    • アクセス

    10:00~12:30 / 15:00~18:30 ※水曜、日祝休診

ご存知ですか?

歯周病が全身に影響?

シェア ご存知ですか?

先日、有名な歌手の方が

歯周炎で手術をした、というニュースを目にしました。

ご自身は昨年の12月頃から

首痛や肩こり、頭痛、歯ぐきの腫れで悩んでいたそうです。

 

病院が苦手で、なかなか行けず

意を決して病院に行った結果

「犬歯の根元が炎症を起こして、菌が歯を守る骨を溶かしてしまっている。」と

診断されたそうです。

それはつまり、糸切り歯の根元が炎症を起こして

歯周炎で骨にまで影響が出てしまっているという事です。

 

まさか首痛や肩こり、頭痛が

歯ぐきの腫れと関係していたなんて

なかなか思わないですよね。

歯ぐきの腫れ=歯肉炎の大きな原因は歯垢(プラーク)です。

 

歯と歯ぐきの間に付着したプラークの細菌が持つ毒素が

歯ぐきに侵入すると、体が毒素の侵入を防ごうとして

炎症を起こします。

歯ぐきの炎症でとどまっている状態を歯肉炎と言い

歯肉炎が進行し

歯を支える骨(歯槽骨・しそうこつ)まで溶けてしまい

歯がグラグラしてしまう事を歯周炎と言います。

ちなみに歯周病とは歯肉炎歯周炎の総称です。

歯周病の初期は、血が出るくらいで痛みがないので

知らないうちに、進行していまう病気です。

30代以上の3人に2人が歯周病という統計が出ています。

 

歯科での定期検査が1番ですが、なかなか忙しくて行けない方は

セルフチェックをしてみましょう!

 

起床時に、口の中がネバネバする。

口臭が気になる。

歯を磨く時に血が出る。

歯肉が赤く腫れている。

歯肉に違和感がある、痛い。

歯が長くなった気がする。

硬いものが噛みにくい。

前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間ができた。

食べ物が挟まるようになった。

 

上記の項目に6つ以上当てはまる方は

歯周病が進行している可能性があります。

項目に当てはまらなかった方も

半年に1回は定期検査を受けるようにしましょう。

歯科助手 石原佐恵子

ページトップへ戻る